ヒマラヤ秘教用語解説

チャクラ

サンスクリット語で「車輪」を意味する。

チャクラのセンターは尾てい骨から頭に至る背骨まで、7つあるエネルギーのセンター。

  • ムーラダーラチャクラ:尾骶骨の近くにあり、肉体のセンター、生きるパワーのセンター。
  • スワディシュターナチャクラ:下腹部にあり、感情のセンター。芸術的な表現をしていく力がある。
  • マニュプラチャクラ:おへそのところにあり、変容の力がある。
  • アナハタチャクラ:胸にある愛のセンター。ここを浄めることで、無限の愛が湧き出る。
  • ヴィシュダチャクラ:喉にあり、知識とコミュニケーションのセンターです。
  • アジナチャクラ:額にあり、ヴィジョンのセンターであり、未来を見る。ここが活性化すると直感が冴える。
  • サハスララチャクラ:頭頂にあるすべてを超えるセンター。神につながり、全てが分かる。

この記事をシェアする

  • Twiiter
  • Line
ご興味のある方は、まずは無料説明会へご参加ください
お電話でのお問い合わせ

03-6851-5150(平日10時-20時)

こちらのページもご覧ください