瞑想体験談

「仕事が楽になった」体験談のまとめ

頑張らずに集中できるようになった(神奈川県40代女性)

集中力は以前からあったほうだと思いますが、その質がとても変わってきたと感じています。

以前は、一生懸命に集中していたので、作業をすると、とても疲れましたし、邪魔されるのが嫌でした。

今は余裕をもって集中できています。

職場でも、以前は集中したいとき、「話しかけないで」オーラを出して、キリキリしていたのですが、今はいつでも気持ちよく、他人からの話しかけに応えられるようになりました。

しかも、中断されてもすぐに気持ちを切り替えて、集中することができるようになりました。

ヨグマタの瞑想をはじめる前の自分は、がんばりすぎて、いつも力が入っていたように思います。

家に帰ると急に集中力が切れて、家事をする気にもならず、子どもたちの話もよく聞いてはいませんでした。

今はがんばらずに集中できるので、つねに心も体もバランスがとれるようになっていると感じます。

職場でも家でも余裕をもって、自然に笑顔でいられ、かつ以前の自分より、やることが早くうまくできて、何事もスムーズに運んでいます。

自分がやるべきことがはっきりとした(大阪府30代男性)

自分は職場を三日も離れることはできない、自分がいなければ会社は回らないと思っていました。

休日も会社に行ったり、徹夜で仕事をしたり、気になったら夜中でも職場に行っていました。

ところが精神的な限界を感じ、思いきってヨグマタの一週間の合宿に参加した結果、意外に会社は大丈夫でした。想像以上にうまくいっていた部分すらありました。

まぐれだと思いましたが、ひと月後にまた七日合宿に参加すると、同じことが起こっていました。自分がいないとだめというのは思い込みだったのです。

それまでの休みというのは、出社していないというだけで、心は切り離されていませんでしたが、合宿でまったく切り離された状態を体験しました。そこで得られた本当の意味での休息から、自分がとり組むべきことがわかりました。

それまでは、なんでも自分でやらなければいけないと考えていましたが、まわりに任せるべきことと、自分でやるべきことがはっきりし、効率がよくなり、成果も上がりました。そして自分の周囲に笑顔が増えたと感じています。

職場の雰囲気が明るくなった(神奈川県10代女性)

正義感が強く、負けず嫌いの私は、いつもがんばって、強がって生きていました。ヒマラヤシッダー瞑想をはじめて、自分は感謝ということを理解できていなかったとわかり、ショックでした。

また、人や状況を許せず、いつも不平不満を持っていて、偉そうなことを言うわりには、自分最優先の生き方をつづけていました。

ヨグマタジのお話を理解できるようになるにつれて、みんながんばって生きている、神様は、なにも、だれも裁いていないということが、体感として理解できるようになってきました。

そして自分が、自分自身もまわりも窮屈にしていた、ということがわかるようになってきました。

三ヵ月前から管理職になったのですが、部下たちが、自分の子どものように大切に思えます。

過去にこの職場にいて、最近職場の雰囲気がよくなくて心配していた、という同僚の管理職から、「あなたが異動してきてくれてから、みんなが明るくなった。よかった!」とお礼を言われました。

私から見ても、はじめて会った頃は、部下たちがみんなこわばった顔をしていたのですが、最近よく笑顔が出るようになって、仕事もみんなで協力して、がんばってくれていて、とてもありがたく、感謝しています。

この記事をシェアする

  • Twiiter
  • Line
ご興味のある方は、まずは無料説明会へご参加ください
お電話でのお問い合わせ

03-6851-5150(平日10時-20時)

こちらのページもご覧ください