瞑想体験談

とてつもない愛に包まれて、小児がんの苦痛から解放された

私が、瞑想を通して体験させていただいたことを報告させていただきます。

私自身は覚えていないのですが、私は生まれてすぐに小児がんにかかったこともあり、小さいころから抗がん剤治療や手術をしていました。

そのため体が弱く、今も抗がん剤の副作用で悩むことがあります。

なぜ自分だけがこんなにも苦痛に耐えなければいけないのかと嫌になることもありました。

その後、専門学校に入学のため東京に上京してから不安障害になり、毎日自分は死ぬのではないかという恐怖にさいなまれ、いっそのこと死んでしまうなら死んでしまってもいいと思うような日々を過ごしていました。

その時ヨグマタジを知り、わらにもすがる思いで、ディクシャを受けました。

ディクシャで繋げていただいてから一年たちましたが、最初はあまり実感がなく、瞑想をしていても雑念ばかり浮かびましたが、瞑想すると、体調がよくなるのでして、落ち着くとまたしなくなり、悪くなるとまたして、というような、そんな不真面目な状態で続けてきました。

そんななか、瞑想を行うと癌の病巣があった胸に痛みがではじめ、体中が痛くなり、嫌だなと思いましたが、浄化していただいているのだなという実感は感じていました。

そんななか、朝瞑想をしていたとき、「あなたは大丈夫ですよ」と言われたのです。

感覚的にあらゆる存在から言われました。

生まれてきた源の存在。私を生かしている存在。体。

私を助け、今まで一生懸命に生かしていただいていた存在全てに言われたのです。

「体の痛みはこっちでなんとかするから、そんなことでクヨクヨいちいち立止まっているんじゃないよ、はやく前に進みなさい」と。

その瞬間、涙があふれ止まりませんでした。

ほんとうにありがたかったですし、いっそのこと死んでもいいなんて思う自分が情けなくて情けなくて、申し訳なかったなと思いました。

ただただ、泣いていました。ただただ、感謝しかありませんでした。

一人で生きているような気がしていましたが、本当は大勢のあらゆる存在が、私を生かしてくれてたのです。

すべては愛でつながっていて、この体の痛みさえも愛なのだなと感じました。

本当だったら、病気にも痛みにも、感謝しなくてはいけないのです。

生きているだけですごい数の存在が私を導き、愛して守って、生かしてくださっている.。

とてつもない愛に満たされた瞬間でした。

そして瞑想している間、何か青く見えるいくつもの手が体をさわっている感触がして、胸がとても痛くて耐えがたいほどでしたが、治してくださっていると分かったのでありがとうございます、と感謝して受けていました。

瞑想が終わると、体が軽くなり、痛みもすっかりなくなりました。気持ちも安心で、もう、死に対する恐れもなくなっていました。

死んだら、元いた場所である、愛の源に帰って行くだけだと分かったからです。

ただ今を、感謝して生きればいい、先の事をくよくよ思い煩うことは必要ない。

今は、すっきりして、生まれ変わった感じです。

ヨグマタジに、つながっていたから、こんな私でも、かりそめのサマディを体験させてもらえている。

もったいないほどの恩恵です。

そして、この、体験の日が、ヨグマタジのご生誕祭の5月27日だったことに気づき、離れていても、一人も捨て置くことなく愛をおくりつづけてくださるマスターに感謝しかありません。

そして、このことはわたしだけの事ではなく、全ての人が愛されて、守られて、生かされている、ということを知って欲しい思いと思い、体験談を書かせていただきました。

ヨグマタジ、どうぞこれからもお導きください。

この記事をシェアする

  • Twiiter
  • Line
ご興味のある方は、まずは無料説明会へご参加ください
お電話でのお問い合わせ

03-6851-5150(平日10時-20時)

こちらのページもご覧ください