ヒマラヤ秘教用語解説

ヤマ・ニヤマ

「ヨガの八支則」という8つのプロセスの中で、もっとも基本となる一番目と二番目の項目。

  1. ヤマ…日々の中で「してはいけない5つのこと」を学び、実践する

  2. ニヤマ…毎日の中で「するとよい5つのこと」を学び、実践する

それぞれ、社会生活をする上で、人とのつながりの中でどう生きていくとよいのか、という道徳的な教えを説いている。

5つの「ヤマ」の教え

1.アヒンサー(非暴力)

すべての物を慈しみ、誰も、何も、自分も傷つけない

2.サティヤ(不嘘・誠実)

本当の自分をあざむかない。誠実に、純粋になっていく

3.アスティヤ(不盗)

欲望から、無知から、盗むことを止める

4.ブラフマチャリヤ(不過渡・禁欲)

何ごとも「し過ぎない」「溺れない」

5.アパリグラハ(不貪)

本当に必要な量だけでよい。「もっともっと」とむさぼらない

5つの「ニヤマ」の教え

1.シャウチャ(清浄)

体も心も清らかに保つ。純粋になっていく

2.サントーシャ(知足)

すでに満たされていることに気づく

3.タパス(苦行・鍛錬・精神統一)

やるべきこと、目の前のことを逃げずに粛々と行い続ける

4.スヴァディアーヤ(学習・自我の探求)

「私」とは何か、本当の自分とは何かを探っていく

5.イシュワラ・プラニダーナ(降伏)

すべてを信じ、ゆだね、おまかせする。

「ヤマニヤマ」についてヨグマタのメッセージ

「ヤマ」と「ニヤマ」という言葉を聞いたことがある人は、少ないと思います。

「それっていったいなんのこと?」とお思いでしょう。

「ヤマ」「ニヤマ」とは、「ヨガの八支則」という8つのプロセスの中の、一番目と二番目の項目です。

ヨガというと、皆さん今は「アーサナ(ポーズ)」を取っている姿を思い浮かべることでしょう。

しかしヨガとは本来、自分の外側も内側も修行していくことで、「アーサナ(ポーズ)」だけをヨガと呼ぶわけではありません。

ヨガの「アーサナ(ポーズ)」のよいところは、体を使ってバランスを取ることを学べるところですが、それだけが出来ればよいというものではなく、内側の修行も一緒にしていくのが本当のヨガなのです。

この修行の方法を八つのプロセスに分け、「ヨガの八支則」と呼ぶのです。

「ヨガの八支則」を簡単に説明します。

  1. ヤマ…日々の中で「してはいけない5つのこと」を学び、実践する

  2. ニヤマ…毎日の中で「するとよい5つのこと」を学び、実践する

  3. アーサナ…様々なポーズを練習し、体のバランスを取る

  4. プラーナヤーマ…呼吸をコントロールし、呼吸法を学ぶ

  5. プラティヤハーラ…感覚のコントロールを学ぶ

  1. ダラーナ…意識の集中、一点に集中させることを学ぶ

  2. ディヤン…深い瞑想を学ぶ

  3. サマディ…神と一体になる、悟りへの到達。

まず心がまえを学び、実践し、体や呼吸などの外側の部分のバランスを取れるように練習します。

そして今度は自分の内側に入っていき、瞑想をしていく。

悟りへの道に立ち、神と一体になっていく―。

それが、本来の「ヨガ」が目指すところなのです。

その一番目と二番目が、「ヤマ」と「ニヤマ」。

それぞれ5つの項目があり、社会生活をする上で、人とのつながりの中でどう生きていくとよいのか、という道徳的な教えを説いた、10の項目なのです。

その10のことをひっくるめて、日常生活の中で行えるようにしていく。

ヨガの中の基礎の基礎、といえる部分なのですね。

最近皆さんが行っているヨガは、健康法、体の調和を図るという意味合いで行っています。

行うことは悪いことではありませんが、体だけを必死に鍛えるのではなく、心もちゃんと修行することが大切なのです。

人間は、思っているよりも心の状態が体に表れます。

ところが、たとえばスポーツ選手のように肉体をいつも鍛えていて丈夫だと、多少心の具合が悪くても、そのメッセージを無視してしまうことがあります。

体が丈夫で性格も明るいから、と、自分も他人もごまかせてしまうのです。

スポーツ選手でなくとも、負けず嫌いだったり、人に弱みを見せたくないという気持ちが強い人は、同じような傾向があるのではないでしょうか。

しかし、心が大変だと体もだるくなったりするのです。

体の方ばかりを鍛え、心の状態は具合が悪いままだと、両方のバランスは悪くなっていきます。体が強いからといって、心も強いとは限らないのです。

ヨガのアーサナも同じです。

いろいろなポーズが出来て、体は柔らかくなるかもしれない。内臓は丈夫になるかもしれない。

けれど、それと共に心のキレイな、愛に満ちた人にならなければ、意味がないのです。

人間は、長い長い歴史を通して動物から人間らしく進化してきました。

しかし、まだまだ罪を重ねている。他者を、他の物を攻撃したり、嘘をついたりしています。

便利なものや身に着けるもの、持つもの、と、外側の「もの」ばかりを作り、それに振り回されて生きています。

生まれて生きて、歳をとっていく間、どうしてもマインドにとらわれ、考え、不安になったり寂しがったり、妬んだりします。

自分に敵対するものをおとしめたり、暴力をふるったり、盗んだりして、自分を守ろうとします。そういった行為が自分を幸せにすると錯覚しています。

神様から与えられた、かけがえのない自分という素晴らしい存在を、無知から汚しているのです。自分にゴミを溜めているのです。

神から与えられた素晴らしい体、心、魂を、使い方がわからないままに汚しているままでいず、自分を磨いていく。

汚くならないような使い方を学んでいく。

善行をし、ゴミが溜まらないような日々の生き方をしていく。

自分を愛し、周りを尊敬し、心と体が穢れないようにしていく。

運命を良くしていくため、いかに生きて行くべきか、という人生のガイド。

それが「ヤマ」と「ニヤマ」なのです。

ヨグマタ相川圭子の著書「ヤマニヤマ」はこちら

この記事をシェアする

  • Twiiter
  • Line
ご興味のある方は、まずは無料説明会へご参加ください
お電話でのお問い合わせ

03-6851-5150(平日10時-20時)

こちらのページもご覧ください