講話録

ある日のダルシャン

何か質問がありますか。

あのですね、去年会社のナンバー2の人が定年退職されて、そのときにちょっと自分の中で思ったのが、まあその人一生懸命仕事をしていて、結構人生が仕事っていうような感じだったんですね。それでその後定年退職されて、結局あの人の人生って何なんだったんだろうっていうのを考え出してから、自分の仕事に対するモチベーションが、なぜか全然上がらなくて。まあ仕事の意義っていうのが今自分の中で見いだせないなと思っていて。仕事ってどういうことなのかなっていうところをお伺いしたいなと思って。

何の仕事をしてるの?

今はアクセサリーの関係の販売、販売ではないんですけどその裏方的なことをやっています。オフィスで働いてるような。

まあ、みなさんそれぞれの仕事で世の中の人が便利にですね、すごくマインドのレベルだけれども、そういうものも必要なものをね、サービスとか、必要なものを与えてると思う。
そういう中でまた自分の精神統一、それを一生懸命するっていう事で、まあ、1日24時間ありますからね、何かその仕事をして自分の時間を与えて、能力を与えて、見返りをいただいて、衣食住食べていかなくちゃならないでしょ。
そういう意味でも仕事をしますし、そういう中であなたがすごく精神的に成長することでね、無心で、それで良い仕事ができていい結果ができて、ただ本当に単にお金だけのためだけでなく、それを通して自分も人格的にも成長することでで、また周りの人間関係もあなたがいることですごく学びをいただいたり、あなたも学びをいただいたり、こうお互いに高め合っていく。

そうやって、また自分がそのことを通してどうやったらみんなが幸せになるかっていうことをもっと膨らませてね、考えることもできるかもしれないし、いろいろそこから学ぶことがいっぱいあると思うのです。システムのこと学んだり、会社のこととか学んだり、まあそれから独立するかどうかは分からないけど、みんな似たような仕組みだとは思いますので。

その方はその方の人生で。まあみんな定年退職し、みんないつかは死ぬわけですよ。仕事も終わるし、いつかは終わりがあるわけですよ。
何事も終わりがあるっていう事。ただそれを通して自分のカルマを浄化させていただく。もっと、如何に生きるかということを学んでいく。よりいっそう真理に近づくような、そういう生き方ができるといいと思います。
作ったものは一時的にそれを使って、あきちゃうかもしれない。一時的にうれしいかもしれない。でも永遠のものではないのでね、みんな忘れ去られていくものなんですよね。

そういう中で自分を成長させていくということにシフトして内側を磨いてく。私に出会うことでよりいっそう内側を浄化して、少ないエネルギーで大きな仕事ができ、また喜ばれたり。
仕事をもし学びきったら、また卒業して違う仕事に移るということもあるかもしれないし、人生のプロセスはいろいろで、そのときそのとき学びだと思うのでね。
やっぱりベストを尽くしてやっていく。何も無駄はないと思うんですよ。まあその人は何か方向転換してまた生きるということをね。今度は自分のための時間がいっぱいできたわけだから、何か考えてやってるかもしれないし、でもいつかは卒業していかなくちゃならない。

いつか私たちも死んでいく存在なので、生きているうちに何ができるかっていうね。なにか意識を進化させるっていうことをね。愛の人になっていく、平和な人になっていく。如何に生きるかということを、会社においても表現できると思うんですよね。

愛を表現し気づいてね、で人間関係でいろいろ学びがある。苦手な人がいるかもしれないけれど、何が苦手なのかってね。相手に何か要求しすぎているかとか、相手がこうしてくれないからこういうことを言ってるのかとか、自分を見つめていくと、如何に生きるかということの学びになると思うんですよね。

だからこの道から、しっかり信頼とか、パワーをいただくことをやっていってください。自分が変わることで環境が同じでも変わっていくわけですよ。自分が変わらないといくら環境を変えてもまた同じことなんで。逃げなんですね。だから自分が変わること。いい?

ありがとうございました。

最新の5件
  • 2016/10/27
    ある日のダルシャン
    ある日のダルシャン
  • 2016/7/11
    生きている中で悟り、サマディに達するには
    生きている中で悟り、サマディに達するには
  • 2016/7/11
    ヒマラヤ聖者の食事
    ヒマラヤ聖者の食事
  • 2016/7/11
    ディクシャについて
    ディクシャについて
  • 2016/7/11
    マスターに導かれるのはずるいこと?
    マスターに導かれるのはずるいこと?
PAGE TOP