講話録

マスターに導かれるのはずるいこと?

高い師について修行をするということをお伺いしたんですが、非常に修行を積んだ先生に指導していただいたり、あるいは自分を引き上げていただくっていうのは、たとえば100段ある階段を1歩1歩自分の足で進まなければいけないところを、ポンと首を、襟元つかまえて運んでいただくようなイメージがあって、それはずるいって言ったら言葉がいけないんだと思うんですけど、ずるいってことはないんですか?

本当に苦しんでいるので見殺しにできないっていうか。もちろんそうやって瞑想していくことで気付いていくので、また幸せな人も本当の自分っていうのを知らないわけです。

いくらお金があって幸せでも本当の自分っていうものを知らないし、苦しんでいる人ももちろん本当の自分っていうものを知らないので、本当の自分の、光につなげてあげる。

そうでないと暗闇の中をこうやって歩いていったら、ものすごく時間がかかる。こちらにいらっしゃいっていうことでこちらの方向を示してあげたら。ここで暗闇に酸素の穴があって、「ああ、生きられる」っていう希望を見出してあげて、それを浴び続ければいいのだって。

私はいつも暗闇のほうを見ているんだって、暗闇ばっかり見ている。
文句言って、自分も文句言って信じないし、人も信じないし、何やってもうまくいかない。
だから光がこちらにありますよって、光につなげて、あなたここをしっかり信頼してあなたのいろいろなことを悔い改めていったら、もっともっと全体が光になれるんですよって。
聞く耳を持つ、そうするといろいろ余裕をもって見ることができるわけです。
本当にそういう空隙を与えることによって、自分の苦しいところだと、アーッていうことで人の話も聞けないでしょうし。
ああ希望があるのだっていうことで、一歩一歩自信をもって歩むことができる。
もちろんその分、もっと大勢の人を幸せにしなさいっていうこと、愛をシェアしなさいっていうことで。
もっと人を親切にできる人間を作ったほうが、世の中全体がもっともっと早くよくなると思うので。

「ああ、苦しんでるな」って私達、見ているっていうのが忍びないので。
本当は自分たちで暗黒の中をずっと生きていかなくちゃならないので。
そこから抜け出すすべがない。
そのキーを知っているのがヒマラヤの聖者なので。
誰も知らないのです。
いろいろスピリチュアルな道があるけれども、そこに上げることはできないのです。
だからマインドのレベルで少しはわかるのですけれども。
でもわかっちゃいるけどやめられない。本当に変容するっていうすべがない。
ですからそのきっかけを与えていくっていうのがいいことだと思いますので。

もちろんその分、たとえばもっともっと愛を皆に伝えていくとか、そういった苦労っていうか、苦労じゃないんですけれど、そういった動きをしていったらもっと世の中が、本当に皆が幸せになっていくと思うのです。
もっともっとすばらしい人に早くなったほうがいいと思うのです。よろしいですか。

最新の5件
  • 2016/10/27
    ある日のダルシャン
    ある日のダルシャン
  • 2016/7/11
    生きている中で悟り、サマディに達するには
    生きている中で悟り、サマディに達するには
  • 2016/7/11
    ヒマラヤ聖者の食事
    ヒマラヤ聖者の食事
  • 2016/7/11
    ディクシャについて
    ディクシャについて
  • 2016/7/11
    マスターに導かれるのはずるいこと?
    マスターに導かれるのはずるいこと?
PAGE TOP